あれから2年になりました。

2013年03月11日 15:12

え~・・ 早いもので、震災から2年となりました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。m(__)m

今思い出すだけでも、ゾッとします。
私の住む福島県は、震災プラス放射能汚染という過去最悪の事態となったわけですが
まぁ、何とか無事に生きております。

町中は、平穏を取り戻してはおりますが、まだまだ随所に震災の痕跡が
見受けられます。
震災で倒壊したビルや店舗、民家は、ほぼ撤去され、何もない空間が
中心市街地に広がっております。

未だに我が家の後ろの公園には仮設住宅があり、被災された方々が生活しています。

放射線量もだいぶ下がっていていますが、まだ平常値(0.7~9マイクロシーベルト/hくらい)より
よりは若干高く、1.2~1.4マイクロシーベルト/h位です。(私の近所の線量計)

私はこれからも、ここ福島県に住むでしょう。
なぜかと聞かれれば・・・まぁここで仕事もしてますし生活の基盤もここにあるから。
と言うことでしょうか。

放射線の影響を気にしない訳ではありませんが
人間には進化する能力が備わっていると思っています。
そりゃぁ、いっぺんに大量の放射線を浴びれば、影響も出るでしょうが・・

まぁ、人間には排出する能力がある!ということですので
今まで通り、思いっきり外で遊んで汗をかき、水分を十分補給し、体を休め
体力をつけて、体内に溜まった放射線を抜こう!と考えてます。

たまには影響の無い地域への外出も大事だと思いますので、適時遊びに行ってますがね。

どちらかというと、やはり風評被害と言う奴が怖いですかね。
未だに県外へ脱出される方々が後を絶ちません。

これを非難することはできませんし、する気もありません。

出来る事なら、子供たちだけでも影響の無い地へ送り出したいと思ったこともあります。
しかし、親として子供たちと一緒にいてやることのほうが大事だと思っています。

廃炉まで、あと30年~40年かかると言われております。
私が生きている間には、多分無理かなぁ・・・出来れば廃炉を見てから
逝きたいとは思いますがねww

とまぁ取りとめの無い話ですが、早2年、まだ2年・・・
これからも、この日は忘れることが出来ない日でしょうし
忘れてはいけない日でもあります。

しっかり後世に伝えて行くのも、我々大人の仕事でしょうね。






スポンサーサイト


最近の記事